作り方アイコン 作り方

  • 米は洗って30分~1時間浸水させる。あずきはサッと洗って鍋に入れ、ひたひたの水(分量外)を加え中火で15分煮てザルに上げる。分量の水でさらに15分程アクを取りながら茹で、少しかたさが残る位になったらザルに上げる。(茹で汁は取っておく。)

  • 米をザルに上げてよく水を切り、あずきと一緒に鍋に入れる。(1)のあずきの茹で汁と水を足して1000mlにし、鍋に加えて火にかける。沸いたら弱火にして焦げないように混ぜながら15分程煮、火を止め蒸らす。

  • 切りもちはひと口大に切り、熱湯で茹でる。

  • 器に(2)・(3)を盛り付け、食べるときに塩とお好みで黒ごまをかける。 

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
214
たんぱく質
5.9
脂質
0.7
炭水化物
44.4
塩分
0.2

栄養士のコメント

あずきは食物繊維が豊富で、お腹の調子を整え、便秘を改善します。また、抗酸化作用の高いポリフェノールやサポニンを含み、免疫力アップや老化防止に役立ちます。さらに、糖質の代謝を高めるビタミンB1を含むので、疲労回復にも期待できます。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。
 

説明アイコン

栄養満点の小豆は、1月15日の小正月に健康を願って食べる風習があります。胃腸が疲れている時などもおすすめです。
 

材料アイコン 材料

4人分

1合
あずき(乾燥)
60g
500ml
切りもち
1個
少々
黒いりごま
お好みで

このレシピのタグ

あずき粥

説明アイコン

栄養満点の小豆は、1月15日の小正月に健康を願って食べる風習があります。胃腸が疲れている時などもおすすめです。
 

材料アイコン 材料

4人分

1合
あずき(乾燥)
60g
500ml
切りもち
1個
少々
黒いりごま
お好みで

作り方アイコン 作り方

  • 米は洗って30分~1時間浸水させる。あずきはサッと洗って鍋に入れ、ひたひたの水(分量外)を加え中火で15分煮てザルに上げる。分量の水でさらに15分程アクを取りながら茹で、少しかたさが残る位になったらザルに上げる。(茹で汁は取っておく。)

  • 米をザルに上げてよく水を切り、あずきと一緒に鍋に入れる。(1)のあずきの茹で汁と水を足して1000mlにし、鍋に加えて火にかける。沸いたら弱火にして焦げないように混ぜながら15分程煮、火を止め蒸らす。

  • 切りもちはひと口大に切り、熱湯で茹でる。

  • 器に(2)・(3)を盛り付け、食べるときに塩とお好みで黒ごまをかける。 

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
214
たんぱく質
5.9
脂質
0.7
炭水化物
44.4
塩分
0.2

栄養士のコメント

あずきは食物繊維が豊富で、お腹の調子を整え、便秘を改善します。また、抗酸化作用の高いポリフェノールやサポニンを含み、免疫力アップや老化防止に役立ちます。さらに、糖質の代謝を高めるビタミンB1を含むので、疲労回復にも期待できます。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。
 

このレシピのタグ