インフォメーションアイコン 利用規約

HATTORI DINER 利用規約

学校法人服部学園(以下「運営者」といいます)により「HATTORI DINER」の名において提供されるアプリケーションおよびウェブサイト(以下「本システム」といいます)の利用者による利用においては、この文章に定める利用規約および付随するプライバシーポリシーならびにキャンセルポリシー(以下「本利用規約」といいます)を細部にわたって確認し、本利用規約が適用されることに利用者が同意したものとみなします。なお、本システムの内部サービス(以下「本サービス」といいます)および本サービスに関連付けられた外部サービス(以下「外部サービス」といいます)において別途個別の利用規約を定める場合、外部サービスの利用の範囲内においては本利用規約および当該外部サービス利用規約が適用され、当該外部サービス利用規約と本利用規約の定めが相違する事項には、当該外部サービス利用規約が本利用規約に優先して適用され、当該外部サービス利用規約における定めがない事項については、本利用規約が適用されるものとします。

第1章 総則

第1条(通則)

  1. 本利用規約においてユーザーとは、本システムへの会員登録の有無に関わらず、本利用規約に同意の上で本システムおよび本サービスならびに外部サービスを利用する個人とします。なお、本利用規約に同意せずに本システムおよび本サービスならびに外部サービスを利用することは認められません。

第2条(会員登録)

  1. ユーザーは本システムにおいて所定の登録フォームから会員登録を行おうとする本人が登録手続きを行い、本システムで設ける基準の形式でデータが正常に登録された場合にのみ、本システムの会員となります。代理による登録は認められません。
  2. ユーザーは本システムへの会員登録にあたり、ユーザー自身に関する情報を虚偽無く正確に提供するものとします。
  3. ユーザーは会員登録によって1つのアカウント(次条に定めるものとし、以下同じとする)のみを保有することができるものとします。同一ユーザーによる複数のアカウントの保有は認められません。
  4. 運営者はユーザーの会員登録を事前の予告なく取り消すことができるものとし、その理由は開示せず、その理由を説明する義務を負わないものとします。

第3条(アカウント)

  1. 会員登録の手続きを完了したユーザー(以下「会員」といいます)には、本システムの利用に必要なIDとパスワード(以下「アカウント」といいます)が付与されます。
  2. 会員は、自らの責任においてアカウントを使用し、管理するものとします。
  3. 会員による第三者へのアカウントの譲渡または貸与等の行為は禁止とします。
  4. アカウントの盗難、または第三者による不正使用が発覚した場合には、直ちに運営者にその旨を通告し、それを受けての運営者からの指示に会員は従うものとします。
  5. アカウントの判別は本システムにおいて所定の照会処理において行われ、これをもって運営者は当該アカウントを保有する会員本人による利用とみなし、その実が盗用あるいは不正使用またはその他の事情により会員本人でない者による利用であったとしても、運営者はそれによって生じた損害について一切の責任を負いません。
  6. ユーザーが第三者のアカウントを不正に使用し、運営者または当該第三者あるいはその両方に損害を与えた場合には、当該不正使用を行ったユーザーがその損害を賠償する責任を負うものとします。

第4条(登録情報、プライバシー)

  1. 会員登録および本システムの利用によって運営者が取得する会員に関する情報(アカウントを含み以下「会員情報」といいます)は、運営者が定めるプライバシーポリシーに従い取り扱うものとします。
  2. 会員は、会員情報に変更または誤りがあった場合には、常に虚偽なく正確に本システムに反映するよう所定のフォームから登録情報の変更および訂正を行うものとします。変更および訂正の遅延または変更および訂正を行わなかったことにより生じた損害について、運営者は一切の責任を負いません。
  3. 会員情報の変更および訂正にあたり虚偽の申告があったと運営者が認めた場合、運営者はこれを取り消すことができるものとします。
  4. 本システムを提供するにあたり会員の特定等の目的で用いる、会員の使用するコンピューターへのクッキーの保存等のプログラム技術に関しては、ユーザーはその利用を承諾するものとします。なお、当該プログラムのユーザーによる拒否、ならびにプログラムの利用において推奨条件を満たさない環境、およびそれに準ずる環境での動作による本システムの動作不具合については、運営者はそれによって生じた損害についても含め一切の責任を負いません。

第5条(マイレージサービス)

  1. 本システムにおいてマイレージとは、会員が本システムの利用においてミニゲームの進行等の運営者の定める条件を満たした時点で本システムを通じて会員に運営者から付与され、本システムおよび運営者による所定の形式により、会員が自ら受け取る景品への交換(次条に定めるものとする)等を目的として利用可能なサービスです(以下「マイレージサービス」といいます)。
  2. マイレージサービスについては、本章の他第2章の定めが適用されるものとします。

第6条(景品交換)

  1. 景品交換の条件については、景品についての情報の掲示の都度別途運営者が定め、会員はこれを確認の上で景品交換の申し込みの手続きを行うものとします。
  2. 会員は運営者が景品の品質、内容についての保証をせず瑕疵担保責任を負わないことを承諾し、これらの保証および責任については当該景品の製造責任者・供給者に対し直接の問い合わせを会員自身が任意で行うことによりこの解決を図るものとします。

第7条(チャージマネーサービス)

  1. 本システムにおいてチャージマネーとは、会員が本システムの利用においてクレジットカード等の運営者の定める決済手段を通じて会員に運営者からチャージマネーが付与され、本システムおよび運営者による所定の形式により、運営者が主催・共催またはその他所定の料理スクールの予約等を目的としてこのチャージマネーが消費されるサービスです(以下「チャージマネーサービス」といいます)。
  2. チャージマネーサービスについては、本章の他第3章の定めが適用されるものとします。

第8条(メール配信)

    運営者は、本システムおよび本サービスならびに外部サービスを会員に提供するにあたり、メール配信による通告が必要と判断した事象については、会員からの希望に拘らずこれを会員情報に登録されたメールアドレス宛てに配信できるものとします。

第9条(禁止事項)

  1. ユーザーに対しては、会員登録の有無に関わらず次の各号の行為を禁止するものとし、違反行為が発覚した際は、会員情報の削除等の必要な措置を実施する場合があり、ユーザーはこれを承諾するものとします。
    • (ア) 運営者、他のユーザーまたはその他の第三者の知的財産権を侵害する行為
    • (イ) 他者の財産権を侵害する行為
    • (ウ) 肖像権もしくはプライバシーを侵害する行為
    • (エ) 本システムから知り得た情報を営利目的で転用、流用する行為
    • (オ) 他者を差別もしくは誹謗中傷する行為、また他者の名誉もしくは信用を毀損する行為
    • (カ) 青少年に有害な情報および本システムの本来の利用目的を逸脱した情報を投稿する行為
    • (キ) 本システムのコンテンツならびに情報を改ざんする行為
    • (ク) 複数のアカウントを保有する行為
    • (ケ) 上記各号の他、運営者または本システムおよび本サービスならびに外部サービスにおける損害、不利益を生じさせること
    • を目的とした一切の行為
    • (コ) その他運営者が不適切な利用であると判断した行為

第10条(免責事項)

  1. 次の各号に該当する場合、運営者は事前の予告およびユーザーの承諾の有無に拘らず、本システムおよび本サービスならびに外部サービスの一部または全部を一時中断・停止できるものとします。なお、この場合に生じた損害および不利益について運営者は一切の負担をせず、ユーザーはこれを承諾するものとします。
    • (ア) 本システムおよび本サービスならびに外部サービスにおける保守、更新において運営者が一時中断・停止を必要と判断した場合
    • (イ) 天災、火災等不可抗力により一時中断・停止を余儀なくされた場合
    • (ウ) 上記各号の他、不測の事態により一時中断・停止となった場合
  2. 運営者は、事前の予告およびユーザーの承諾の有無に拘らず、本システムおよび本サービスならびに外部サービスの一部または全部の内容を追加、変更または削除できるものします。なお、この場合に生じた損害および不利益について運営者は一切の負担をせず、ユーザーはこれを承諾するものとします。
  3. 本システムおよび本サービスならびに外部サービスのコンテンツまたはそれに準ずる形式で、ユーザーが投稿した情報が第三者の知的財産権および肖像権等を侵害し、運営者がその賠償を行わざるを得ない場合、運営者は当該情報の投稿を行ったユーザーに対しその損害額の全部、および訴訟費用、弁護士費用、賠償費用等、賠償に関連する一切の費用を請求できるものとします。
  4. ユーザー間またはユーザーと第三者との間において発生したトラブルは当事者間で解決し、運営者は一切の責任を負わないものとします。
  5. 本システムおよび本サービスならびに外部サービスにおいて、運営者は各種ウィルスなどの有害な情報が含まれていないことの保証をせず、ユーザーはこれを承諾するものとします。

第11条(本規約の変更)

  1. 運営者は、本規約の改定を事前の予告およびユーザーの承諾の有無に拘らず行えるものとします。また本規約の改定は、改定後の本規約を本システムおよび本サービスならびに外部サービスの一部または全部に掲示したときにその効力を生じるものとし、ユーザーは本システムおよび本サービスならびに外部サービスの利用継続または新規利用開始をもって改定後の規約に同意したものとみなします。

第12条(準拠法、合意管轄)

  1. 本規約は日本国法に基づき解釈されるものとします。
  2. ユーザーと運営者との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第2章 マイレージサービス

第13条(マイレージの付与)

  1. 運営者は、会員が本システムの利用においてミニゲームの進行等の運営者の定める条件を満たした時点で、別途個別の規定に基づきマイレージを会員に対し付与するものとします。

第14条(景品交換におけるマイレージの利用)

  1. 会員は、自身のアカウントに付与されたマイレージの残高に応じて、別途個別の規定に基づき景品とマイレージを交換できるものとします。
  2. 景品の品質および内容については、前章第6条第2項が適用されるものとします。

第15条(マイレージおよび景品についての責任)

  1. マイレージと景品との交換について、その配送中もしくは配送後の紛失、破損または配送の遅延等が生じた場合、運営者は一切の責任を負わないものします。なお、運営者および本システムから会員へのマイレージの返還も行わず、会員はこれを承諾するものとします。

第16条(マイレージの取消)

  1. 運営者は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、事前の予告なく会員に付与されたマイレージの一部または全部を取り消すことができます。なお、取り消しを行ったマイレージの補償は一切受け付けません。
    • (ア) 本利用規約に著しく違反した場合
    • (イ) 違法行為および不正行為と運営者がみなす行為によってマイレージを獲得した場合
    • (ウ) その他運営者が不適切な状況であると判断した場合

第17条(マイレージの有効期限)

  1. マイレージの有効期限については、別途個別の規定を設けるものとし、会員が有効期限内にマイレージと景品との交換を行わなかった場合、有効期限を過ぎたマイレージは消滅するものとします。なお、消滅したマイレージの補償は一切受け付けません。

第18条(マイレージの管理)

  1. 会員は、本システムにおいて所定の方法でマイレージの残高を確認できるものとします。

第19条(退会時のマイレージの扱い)

  1. 会員が退会した場合には、当該会員に付与されたマイレージおよび付随する権利の全部を失うものとします。また、退会を理由に運営者に対してマイレージあるいはその充当額の返還請求も認められず、会員はこれを承諾するものとします。

第20条(マイレージサービスの変更)

  1. 運営者が必要であると判断した場合には、事前の予告および会員の承諾の有無に拘らず、本マイレージサービスの一部または全部を一時中断・停止できるものとし、マイレージ付与条件の変更、付与されたマイレージ数の変更についても同様とします。なお、これによって会員に損害・不利益が生じた場合において運営者は一切の責任を負いません。

第21条(その他マイレージに関するルール)

  1. 会員は本利用規約の他、マイレージサービスの詳細についての別途個別の規定が設けられている場合はこれを確認し、マイレージサービスの利用をもってこれに同意したものとみなします。

第3章 チャージマネーサービス

第22条(チャージマネーの付与)

  1. 運営者は、会員が本システムの利用においてクレジットカード等の運営者の定める決済手段を通じて必要な操作が完了した時点で、別途個別の規定に基づきチャージマネーを会員に対し付与するものとします。

第23条(料理スクールにおけるチャージマネーの利用)

  1. 会員は、自身のアカウントに付与されたチャージマネーの残高に応じて、別途個別の規定に基づきチャージマネーの消費により、運営者が主催・共催またはその他所定の料理スクール予約等を行えるものとします。
  2. 料理スクール予約等のキャンセル時の返金については、運営者が定めるキャンセルポリシーに従い取り扱うものとします。

第24条(チャージマネーについての責任)

  1. チャージマネーの消費により予約した料理スクール等において、その実施前・実施中もしくは実施後に交通事故や天災等により損害が生じた場合、運営者は一切の責任を負わないものします。なお、運営者および本システムから会員へのチャージマネーの返還も行わず、会員はこれを承諾するものとします。

第25条(チャージマネーの取消)

  1. 運営者は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、事前の予告なく会員に付与されたチャージマネーの一部または全部を取り消すことができます。なお、取り消しを行ったチャージマネーの補償は一切受け付けません。
    • (エ) 本利用規約に著しく違反した場合
    • (オ) 違法行為および不正行為と運営者がみなす行為によってチャージマネーを獲得した場合
    • (カ) その他運営者が不適切な状況であると判断した場合

第26条(チャージマネーの有効期限)

  1. チャージマネーの有効期限については、別途個別の規定を設けるものとし、会員が有効期限内にチャージマネーの利用を行わなかった場合、有効期限を過ぎたチャージマネーは消滅するものとします。なお、消滅したチャージマネーの補償は一切受け付けません。

第27条(チャージマネーの管理)

  1. 会員は、本システムにおいて所定の方法でチャージマネーの残高を確認できるものとします。

第28条(退会時のチャージマネーの扱い)

  1. 会員が退会した場合には、当該会員に付与されたチャージマネーおよび付随する権利の全部を失うものとします。また、退会を理由に運営者に対してチャージマネーあるいはその充当額の返還請求も認められず、会員はこれを承諾するものとします。

第29条(チャージマネーサービスの変更)

  1. 運営者が必要であると判断した場合には、事前の予告および会員の承諾の有無に拘らず、本チャージマネーサービスの一部または全部を一時中断・停止できるものとし、チャージマネー付与条件の変更、付与されたチャージマネー数の変更についても同様とします。なお、これによって会員に損害・不利益が生じた場合において運営者は一切の責任を負いません。

第30条(その他チャージマネーに関するルール)

  1. 会員は本利用規約の他、チャージマネーサービスの詳細についての別途個別の規定が設けられている場合はこれを確認し、チャージマネーサービスの利用をもってこれに同意したものとみなします。