作り方アイコン 作り方

  • 玉ねぎ・にんじん・ピーマン・にんにくはみじん切りにする。

  • フライパンにサラダ油(大さじ2)・にんにくを入れて弱火にかけ、香りが出るまで炒める。玉ねぎ・にんじん・ピーマンを入れ、玉ねぎから甘い香りが出るまでさらに炒める。

  • 別のフライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、挽き肉を入れて炒める。挽き肉の色が変わったらカレー粉を加え、挽き肉の脂とカレー粉がなじんで黄色い脂が出てくるまでしっかりと炒めて(2)に加える。

  • (3)にAを入れて汁気が1/3量位になるまで煮詰め、こしょう・バターを加えて混ぜる。

  • 器にごはん・(4)を盛り、グリーンピースを散らす。

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
593
たんぱく質
17.4
脂質
24.1
炭水化物
77.3
塩分
1.2

管理栄養士のコメント

豚肉に豊富なビタミンB1は、玉ねぎやにんにくに含まれるアリシンと一緒に摂ることで吸収が高まります。また、ビタミンB1は糖質の代謝をアップさせるので、ご飯と相性抜群です。スパイスの入ったカレーは、胃腸の働きを活発にする効果も期待できます。
※エネルギー表示は『八訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

説明アイコン

トマトピューレとケチャップをつかってまろやかに仕上げたドライカレー。お弁当にもおすすめです。



キーワード:

材料アイコン 材料

4人分

豚挽き肉
300g
玉ねぎ
1個
にんじん
1/3本
ピーマン
2個
にんにく
2かけ
サラダ油
大さじ3
カレー粉
大さじ3
Aトマトピューレ
100g
Aトマトケチャップ
40g
Aウスターソース
大さじ1
Aコンソメスープ
300ml
Aローリエ
1枚
Aしょうが汁
小さじ2・1/2
こしょう
少々
バター(無塩)
大さじ1
グリーンピース(水煮)
10g
ごはん
2合分

このレシピのタグ

ドライカレー

説明アイコン

トマトピューレとケチャップをつかってまろやかに仕上げたドライカレー。お弁当にもおすすめです。



キーワード:

材料アイコン 材料

4人分

豚挽き肉
300g
玉ねぎ
1個
にんじん
1/3本
ピーマン
2個
にんにく
2かけ
サラダ油
大さじ3
カレー粉
大さじ3
Aトマトピューレ
100g
Aトマトケチャップ
40g
Aウスターソース
大さじ1
Aコンソメスープ
300ml
Aローリエ
1枚
Aしょうが汁
小さじ2・1/2
こしょう
少々
バター(無塩)
大さじ1
グリーンピース(水煮)
10g
ごはん
2合分

作り方アイコン 作り方

  • 玉ねぎ・にんじん・ピーマン・にんにくはみじん切りにする。

  • フライパンにサラダ油(大さじ2)・にんにくを入れて弱火にかけ、香りが出るまで炒める。玉ねぎ・にんじん・ピーマンを入れ、玉ねぎから甘い香りが出るまでさらに炒める。

  • 別のフライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、挽き肉を入れて炒める。挽き肉の色が変わったらカレー粉を加え、挽き肉の脂とカレー粉がなじんで黄色い脂が出てくるまでしっかりと炒めて(2)に加える。

  • (3)にAを入れて汁気が1/3量位になるまで煮詰め、こしょう・バターを加えて混ぜる。

  • 器にごはん・(4)を盛り、グリーンピースを散らす。

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
593
たんぱく質
17.4
脂質
24.1
炭水化物
77.3
塩分
1.2

管理栄養士のコメント

豚肉に豊富なビタミンB1は、玉ねぎやにんにくに含まれるアリシンと一緒に摂ることで吸収が高まります。また、ビタミンB1は糖質の代謝をアップさせるので、ご飯と相性抜群です。スパイスの入ったカレーは、胃腸の働きを活発にする効果も期待できます。
※エネルギー表示は『八訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

このレシピのタグ