いんげんの牛肉まき

作り方アイコン 作り方

  • いんげんは牛肉の幅に合わせて切り、塩(分量外)を加えた熱湯で下茹でし、ザルに上げてしっかりと冷ます。えのきたけは根元を切り落としてほぐし、サッと茹でてしょうゆ(小さじ2)を絡める。

  • 牛肉を広げて1枚ずつおき、肉の端にいんげん・えのきたけをのせ、きつめに巻いていく。巻き終わりに片栗粉をつけてしっかりと止め、全体に片栗粉をまぶす。

  • フライパンにサラダ油を熱し、(2)の巻き終わりを下にして重ならないように並べる。コロコロ転がしながら全体に焼き色をつけ、4~5分焼いて火を通す。

  • フライパンの余分な油をペーパータオルで拭き取り、合わせたAを入れ、強火でタレを絡める。

  • 食べやすい大きさに切って器に盛り、お好みで七味唐辛子・粉山椒などをかけていただく。  

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
216
たんぱく質
12.9
脂質
13.3
炭水化物
8.1
塩分
1.8

管理栄養士のコメント

いんげんに多く含まれるβ‐カロテンは、皮膚や粘膜の抵抗力を高め、健康な肌を保つ作用があります。また、新陳代謝を活発にするアスパラギン酸も含むため、たんぱく質が豊富な牛肉と組み合わせると、美肌づくりに効果的です。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。
 

説明アイコン

牛肉でいんげん、えのきたけを巻いて焼き、甘辛いタレを絡めました。冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめです。

材料アイコン 材料

4人分

いんげん
24本
えのきたけ
1パック
しょうゆ
小さじ2
牛肩ロース薄切り肉
8枚
片栗粉
適量
Aしょうゆ
大さじ2
A砂糖
小さじ3・1/2
A酒
大さじ3
サラダ油
大さじ1
七味唐辛子・粉山椒など
お好みで

このレシピのタグ

いんげんの牛肉まき

説明アイコン

牛肉でいんげん、えのきたけを巻いて焼き、甘辛いタレを絡めました。冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめです。

材料アイコン 材料

4人分

いんげん
24本
えのきたけ
1パック
しょうゆ
小さじ2
牛肩ロース薄切り肉
8枚
片栗粉
適量
Aしょうゆ
大さじ2
A砂糖
小さじ3・1/2
A酒
大さじ3
サラダ油
大さじ1
七味唐辛子・粉山椒など
お好みで

作り方アイコン 作り方

  • いんげんは牛肉の幅に合わせて切り、塩(分量外)を加えた熱湯で下茹でし、ザルに上げてしっかりと冷ます。えのきたけは根元を切り落としてほぐし、サッと茹でてしょうゆ(小さじ2)を絡める。

  • 牛肉を広げて1枚ずつおき、肉の端にいんげん・えのきたけをのせ、きつめに巻いていく。巻き終わりに片栗粉をつけてしっかりと止め、全体に片栗粉をまぶす。

  • フライパンにサラダ油を熱し、(2)の巻き終わりを下にして重ならないように並べる。コロコロ転がしながら全体に焼き色をつけ、4~5分焼いて火を通す。

  • フライパンの余分な油をペーパータオルで拭き取り、合わせたAを入れ、強火でタレを絡める。

  • 食べやすい大きさに切って器に盛り、お好みで七味唐辛子・粉山椒などをかけていただく。  

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
216
たんぱく質
12.9
脂質
13.3
炭水化物
8.1
塩分
1.8

管理栄養士のコメント

いんげんに多く含まれるβ‐カロテンは、皮膚や粘膜の抵抗力を高め、健康な肌を保つ作用があります。また、新陳代謝を活発にするアスパラギン酸も含むため、たんぱく質が豊富な牛肉と組み合わせると、美肌づくりに効果的です。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。
 

このレシピのタグ