しいたけビーフストロガノフ

作り方アイコン 作り方

  • 【バターライスを作る。】炊飯器の内釜に、バターライスの材料をすべて入れ、水を2合の目盛まで注ぎ、炊飯する。

  • 牛肉は棒状に切って塩・こしょうで下味をつけ、パプリカパウダー・小麦粉をまぶす。

  • しいたけは軸を落として薄切りに、玉ねぎは薄切りにする。

  • フライパンにサラダ油を熱して(2)を入れ、焼き色がついたら一度取り出す。

  • 同じフライパンにバターを溶かし、玉ねぎを入れてきつね色になるまで炒める。しいたけを入れてさらに炒め、しんなりしてきたらAを入れて2~3分煮る。

  • (5)にサワークリーム・(4)を入れてひと煮立ちさせ、塩・こしょうで味を調える。

  • 器に(1)のバターライスを盛り付け、(6)をたっぷりかけ、パセリを散らす。  

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
634
たんぱく質
17.4
脂質
31.1
炭水化物
68.8
塩分
1.4

管理栄養士のコメント

しいたけは旨味成分のグアニル酸が多く、牛肉やトマトと組み合わせると相乗効果が期待できます。また、抗がん作用や免疫力アップに役立つ食物繊維のβ-グルカンを含んでいます。牛肉は、貧血を予防する鉄や、味覚を正常に保つ亜鉛が豊富です。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。
 

説明アイコン

スライスしたしいたけとゴロゴロお肉がたっぷり入ったビーフストロガノフ。サワークリームとトマトの酸味にバターライスがよく合います。
 

材料アイコン 材料

4人分

牛肉(赤身・焼き肉用)
200g
小さじ1/4
こしょう
少々
パプリカパウダー
少々
小麦粉
適量
サラダ油
大さじ1
しいたけ
大6枚
玉ねぎ
1/2個
バター
20g
A生クリーム
100ml
A水
150ml
Aトマトペースト
大さじ2
Aウスターソース
小さじ1
Aパプリカパウダー
小さじ1
サワークリーム
50g
塩・こしょう
適量
【バターライス】  
2合
玉ねぎ(みじん切り)
1/2個分
鶏がらスープの素
小さじ1
バター
20g
ローリエ(あれば)
小1枚
  
パセリ(みじん切り)
少々

このレシピのタグ

しいたけビーフストロガノフ

説明アイコン

スライスしたしいたけとゴロゴロお肉がたっぷり入ったビーフストロガノフ。サワークリームとトマトの酸味にバターライスがよく合います。
 

材料アイコン 材料

4人分

牛肉(赤身・焼き肉用)
200g
小さじ1/4
こしょう
少々
パプリカパウダー
少々
小麦粉
適量
サラダ油
大さじ1
しいたけ
大6枚
玉ねぎ
1/2個
バター
20g
A生クリーム
100ml
A水
150ml
Aトマトペースト
大さじ2
Aウスターソース
小さじ1
Aパプリカパウダー
小さじ1
サワークリーム
50g
塩・こしょう
適量
【バターライス】  
2合
玉ねぎ(みじん切り)
1/2個分
鶏がらスープの素
小さじ1
バター
20g
ローリエ(あれば)
小1枚
  
パセリ(みじん切り)
少々

作り方アイコン 作り方

  • 【バターライスを作る。】炊飯器の内釜に、バターライスの材料をすべて入れ、水を2合の目盛まで注ぎ、炊飯する。

  • 牛肉は棒状に切って塩・こしょうで下味をつけ、パプリカパウダー・小麦粉をまぶす。

  • しいたけは軸を落として薄切りに、玉ねぎは薄切りにする。

  • フライパンにサラダ油を熱して(2)を入れ、焼き色がついたら一度取り出す。

  • 同じフライパンにバターを溶かし、玉ねぎを入れてきつね色になるまで炒める。しいたけを入れてさらに炒め、しんなりしてきたらAを入れて2~3分煮る。

  • (5)にサワークリーム・(4)を入れてひと煮立ちさせ、塩・こしょうで味を調える。

  • 器に(1)のバターライスを盛り付け、(6)をたっぷりかけ、パセリを散らす。  

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
634
たんぱく質
17.4
脂質
31.1
炭水化物
68.8
塩分
1.4

管理栄養士のコメント

しいたけは旨味成分のグアニル酸が多く、牛肉やトマトと組み合わせると相乗効果が期待できます。また、抗がん作用や免疫力アップに役立つ食物繊維のβ-グルカンを含んでいます。牛肉は、貧血を予防する鉄や、味覚を正常に保つ亜鉛が豊富です。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。
 

このレシピのタグ