作り方アイコン 作り方

  • ボウルに卵・卵黄を入れて溶きほぐし、上白糖を入れて混ぜ合わせる。

  • 鍋に水を半分位入れて火にかけ、人肌より少し熱い位になったら火を止め、(1)のボウルをのせる。上白糖が溶け、40℃位に温まったらハンドミキサーの高速で泡立てる。

  • 空気を含み、白くもったりとしてきたら泡立て器に持ち変えて全体を混ぜ、きめを整える。

  • (3)に振るった薄力粉を入れてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせ、粉っぽさが無くなったら溶かしバターを加えてツヤが出るまで混ぜる。

  • 敷紙を敷いた天板に(4)を流し入れ、全体の高さが同じになるように平らに生地を伸ばす。天板を2枚重ねて200℃のオーブンで10分程焼き、ケーキ網にのせて冷ます。

  • 【クリームを作る。】ホワイトチョコレートは細かく刻み、ボウルに入れておく。鍋にAを加えて火にかけ、50gになるまで煮詰め、チョコレートのボウルに入れてチョコレートを溶かし、氷水にあて底を混ぜながら冷やす。オレンジ果皮・リキュールを加え、混ぜ合わせる。

  • ボウルに生クリームを入れ、氷水にあてながら泡立て、トロっとしてきたら(6)を加えて混ぜ合わせる。

  • (5)の生地に(7)のクリームを半量より少し少なめにのせて全体に伸ばし、ヘタを落としたいちごを一列に並べる。

  • (8)を巻いて残りのクリームを全体に絞り、冷蔵庫で冷やす。(1時間以上)

  • テンパリングチョコレートを湯せんで溶かし、3cm×20cmにカットしたクッキングシートの上に薄く伸ばす。ある程度かたまったら竹串などで線を数本引き、半分位かたまったらめん棒等に巻き付け、冷蔵庫で冷やかためて取り外す。

  • (9)の上にいちご・(10)のチョコレート・セルフィーユを飾り、粉砂糖をかける。 

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
496
たんぱく質
14.9
脂質
31.5
炭水化物
44.1
塩分
0.2

栄養士のコメント

生クリームは風邪や肌荒れ、眼病予防に働くビタミンA、丈夫な骨や歯をつくるカルシウムが豊富です。卵は良質なたんぱく質が多く栄養価に優れた食品ですが、ビタミンCや食物繊維は含んでいないので、飾りつけには新鮮なフルーツを使い栄養を補いましょう。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

説明アイコン

クリスマスの薪をイメージしたフランス発祥のケーキ、「ブッシュドノエル」。今回はホワイトチョコにオレンジを合わせたクリームを使い、真っ白なケーキに仕上げました。

材料アイコン 材料

28cm×28cm天板1枚分(約6人分)

3個
卵黄
1個分
上白糖
90g
薄力粉
60g
溶かしバター(無塩)
20g
 
いちご
8個
【クリーム】
ホワイトチョコレート
100g
Aオレンジジュース
100ml
Aオレンジ果汁
1個分(75g)
Aレモン果汁
10g
オレンジ果皮
1/4個分
リキュール(コアントロー)
15g
生クリーム
200ml
 
テンパリングチョコレート
適量
【デコレーション】
いちご
6個
粉砂糖・セルフィーユ
適量

このレシピのタグ

ブッシュドノエル

説明アイコン

クリスマスの薪をイメージしたフランス発祥のケーキ、「ブッシュドノエル」。今回はホワイトチョコにオレンジを合わせたクリームを使い、真っ白なケーキに仕上げました。

材料アイコン 材料

28cm×28cm天板1枚分(約6人分)

3個
卵黄
1個分
上白糖
90g
薄力粉
60g
溶かしバター(無塩)
20g
 
いちご
8個
【クリーム】
ホワイトチョコレート
100g
Aオレンジジュース
100ml
Aオレンジ果汁
1個分(75g)
Aレモン果汁
10g
オレンジ果皮
1/4個分
リキュール(コアントロー)
15g
生クリーム
200ml
 
テンパリングチョコレート
適量
【デコレーション】
いちご
6個
粉砂糖・セルフィーユ
適量

作り方アイコン 作り方

  • ボウルに卵・卵黄を入れて溶きほぐし、上白糖を入れて混ぜ合わせる。

  • 鍋に水を半分位入れて火にかけ、人肌より少し熱い位になったら火を止め、(1)のボウルをのせる。上白糖が溶け、40℃位に温まったらハンドミキサーの高速で泡立てる。

  • 空気を含み、白くもったりとしてきたら泡立て器に持ち変えて全体を混ぜ、きめを整える。

  • (3)に振るった薄力粉を入れてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせ、粉っぽさが無くなったら溶かしバターを加えてツヤが出るまで混ぜる。

  • 敷紙を敷いた天板に(4)を流し入れ、全体の高さが同じになるように平らに生地を伸ばす。天板を2枚重ねて200℃のオーブンで10分程焼き、ケーキ網にのせて冷ます。

  • 【クリームを作る。】ホワイトチョコレートは細かく刻み、ボウルに入れておく。鍋にAを加えて火にかけ、50gになるまで煮詰め、チョコレートのボウルに入れてチョコレートを溶かし、氷水にあて底を混ぜながら冷やす。オレンジ果皮・リキュールを加え、混ぜ合わせる。

  • ボウルに生クリームを入れ、氷水にあてながら泡立て、トロっとしてきたら(6)を加えて混ぜ合わせる。

  • (5)の生地に(7)のクリームを半量より少し少なめにのせて全体に伸ばし、ヘタを落としたいちごを一列に並べる。

  • (8)を巻いて残りのクリームを全体に絞り、冷蔵庫で冷やす。(1時間以上)

  • テンパリングチョコレートを湯せんで溶かし、3cm×20cmにカットしたクッキングシートの上に薄く伸ばす。ある程度かたまったら竹串などで線を数本引き、半分位かたまったらめん棒等に巻き付け、冷蔵庫で冷やかためて取り外す。

  • (9)の上にいちご・(10)のチョコレート・セルフィーユを飾り、粉砂糖をかける。 

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
496
たんぱく質
14.9
脂質
31.5
炭水化物
44.1
塩分
0.2

栄養士のコメント

生クリームは風邪や肌荒れ、眼病予防に働くビタミンA、丈夫な骨や歯をつくるカルシウムが豊富です。卵は良質なたんぱく質が多く栄養価に優れた食品ですが、ビタミンCや食物繊維は含んでいないので、飾りつけには新鮮なフルーツを使い栄養を補いましょう。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

このレシピのタグ