作り方アイコン 作り方

  • アガーとグラニュー糖は混ぜ合わせておく。

  • ティーポット(なければボウル)に茶葉を入れ、沸騰させたお湯を一気に注ぐ。2~3分したら茶濾しで濾し、鍋に移す。

  • (2)に(1)を入れて泡立て器で混ぜ、火にかける。軽く沸騰した状態で泡立て器で混ぜながらしっかりとアガーを溶かし、バット等に流す。表面の気泡を取り除き、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしかためる。

  • 【アングレーズソースを作る。】 小鍋に牛乳・縦に裂いて種子を出したバニラビーンズをさやごと入れて火にかける。沸騰直前になったら火を止める。

  • ボウルに卵黄を入れて泡立て器でほぐし、グラニュー糖を加え、白っぽくなるまで混ぜる。(4)を加えて混ぜ合わせ、ザルで濾して鍋に戻す。

  • (5)の鍋を弱火にかけ、ゴムベラで底をかくように混ぜ合わせる。トロッとしてきたら火から下ろし、ボウルに移して氷水にあてて冷ます。

  • 器に(3)をスプーンですくって盛りつけ、(6)のソースをかけてラズベリー・セルフィーユを添える。  

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
91
たんぱく質
1.7
脂質
2.4
炭水化物
15.9
塩分
0

管理栄養士のコメント

紅茶に含まれる赤い色素成分のテアフラビンは、強い抗酸化作用や殺菌効果が期待でき、風邪や感染症を予防します。そのほか、アミノ酸の一種であるテアニンには、リラックス作用や血行促進、集中力を高める効果があります。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

説明アイコン

涼やかでのどごしのよい紅茶ゼリーにバニラ香るアングレーズソースをかけていただきます。

材料アイコン 材料

4人分

紅茶茶葉(アールグレイ)
10g
500ml
アガー
8g
グラニュー糖
30g
【アングレーズソース】
牛乳
100ml
バニラビーンズ
3cm
卵黄
1個分
グラニュー糖
20g
ラズベリー
適量
セルフィーユ
適量

このレシピのタグ

紅茶ゼリー

説明アイコン

涼やかでのどごしのよい紅茶ゼリーにバニラ香るアングレーズソースをかけていただきます。

材料アイコン 材料

4人分

紅茶茶葉(アールグレイ)
10g
500ml
アガー
8g
グラニュー糖
30g
【アングレーズソース】
牛乳
100ml
バニラビーンズ
3cm
卵黄
1個分
グラニュー糖
20g
ラズベリー
適量
セルフィーユ
適量

作り方アイコン 作り方

  • アガーとグラニュー糖は混ぜ合わせておく。

  • ティーポット(なければボウル)に茶葉を入れ、沸騰させたお湯を一気に注ぐ。2~3分したら茶濾しで濾し、鍋に移す。

  • (2)に(1)を入れて泡立て器で混ぜ、火にかける。軽く沸騰した状態で泡立て器で混ぜながらしっかりとアガーを溶かし、バット等に流す。表面の気泡を取り除き、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしかためる。

  • 【アングレーズソースを作る。】 小鍋に牛乳・縦に裂いて種子を出したバニラビーンズをさやごと入れて火にかける。沸騰直前になったら火を止める。

  • ボウルに卵黄を入れて泡立て器でほぐし、グラニュー糖を加え、白っぽくなるまで混ぜる。(4)を加えて混ぜ合わせ、ザルで濾して鍋に戻す。

  • (5)の鍋を弱火にかけ、ゴムベラで底をかくように混ぜ合わせる。トロッとしてきたら火から下ろし、ボウルに移して氷水にあてて冷ます。

  • 器に(3)をスプーンですくって盛りつけ、(6)のソースをかけてラズベリー・セルフィーユを添える。  

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
91
たんぱく質
1.7
脂質
2.4
炭水化物
15.9
塩分
0

管理栄養士のコメント

紅茶に含まれる赤い色素成分のテアフラビンは、強い抗酸化作用や殺菌効果が期待でき、風邪や感染症を予防します。そのほか、アミノ酸の一種であるテアニンには、リラックス作用や血行促進、集中力を高める効果があります。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

このレシピのタグ