作り方アイコン 作り方

  • 小豆はサッと洗い、たっぷりの水に入れて1~2時間浸けておく。鍋に小豆・水500ml(分量外)を入れて火にかけ、沸騰したら湯を捨てる。

  • 水800ml(分量外)を加えて火にかけ、沸騰したら弱火にし、小豆がやわらかくなるまで煮る。

  • (2)に砂糖を3回に分けて加え、煮溶かす。塩を加え、よく混ぜて火を止める。

  • 温かいごはんを厚手のビニール袋に入れてつぶす。半分位つぶれたら片栗粉を加え、よくなじませる。耳たぶ位のかたさになるよう湯を加えながら、さらにつぶす。

  • (4)を団子状にして、沸騰した湯に入れる。団子が浮いてきたら、さらに1分程茹でて冷水に取り、全体が冷えたらザルに上げ、水気を切る。

  • 器に(3)・(5)を盛り、好みで栗の甘露煮を飾る。

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
373
たんぱく質
9.6
脂質
1.1
炭水化物
81
塩分
0.1

栄養士のコメント

ごはんの炭水化物は体内でブドウ糖に変わり、脳や体の大切なエネルギー源となるため、勉強や仕事で疲れた時におすすめです。小豆の皮には利尿作用があり、むくみ解消に効果的なサポニンをはじめ、便秘を予防する食物繊維が含まれています。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。
 

説明アイコン

ごはんの粒をいかしたもっちり食感のお団子と優しい甘さの自家製あんを合わせました

材料アイコン 材料

6人分

小豆
1・1/2(240g)
砂糖
1・1/2(195g)
少々
 
ごはん
1合分
片栗粉
大さじ3
大さじ1~
栗の甘露煮
お好みで

このレシピのタグ

善哉

説明アイコン

ごはんの粒をいかしたもっちり食感のお団子と優しい甘さの自家製あんを合わせました

材料アイコン 材料

6人分

小豆
1・1/2(240g)
砂糖
1・1/2(195g)
少々
 
ごはん
1合分
片栗粉
大さじ3
大さじ1~
栗の甘露煮
お好みで

作り方アイコン 作り方

  • 小豆はサッと洗い、たっぷりの水に入れて1~2時間浸けておく。鍋に小豆・水500ml(分量外)を入れて火にかけ、沸騰したら湯を捨てる。

  • 水800ml(分量外)を加えて火にかけ、沸騰したら弱火にし、小豆がやわらかくなるまで煮る。

  • (2)に砂糖を3回に分けて加え、煮溶かす。塩を加え、よく混ぜて火を止める。

  • 温かいごはんを厚手のビニール袋に入れてつぶす。半分位つぶれたら片栗粉を加え、よくなじませる。耳たぶ位のかたさになるよう湯を加えながら、さらにつぶす。

  • (4)を団子状にして、沸騰した湯に入れる。団子が浮いてきたら、さらに1分程茹でて冷水に取り、全体が冷えたらザルに上げ、水気を切る。

  • 器に(3)・(5)を盛り、好みで栗の甘露煮を飾る。

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
373
たんぱく質
9.6
脂質
1.1
炭水化物
81
塩分
0.1

栄養士のコメント

ごはんの炭水化物は体内でブドウ糖に変わり、脳や体の大切なエネルギー源となるため、勉強や仕事で疲れた時におすすめです。小豆の皮には利尿作用があり、むくみ解消に効果的なサポニンをはじめ、便秘を予防する食物繊維が含まれています。
※エネルギー表示は『七訂日本食品標準成分表』に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。
 

このレシピのタグ