パヴェ・ドゥ・ショコラ

作り方アイコン 作り方

  • 【下準備】  型やバットなどにオーブンペーパーを敷いておく。

  • チョコレートを刻み、湯煎などで溶かしておく(目安温度約40℃)。

  • Aを小鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止め、沸騰がおさまるまで少し冷ます。

  • (2)に(3)を加えて混ぜ合わせ、ホイッパーで約3分程かけてゆっくりと乳化させる(目安温度約35℃)。

  • 下準備した型に流し込み、常温で冷やし固める(できれば24時間置く)。

  • ココアパウダーを振ったボードの上にオーブンペーパーをはずして置き、温めた包丁で2.5cm角の正方形にカットする。上から更にココアパウダーを振る。

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
塩分

管理栄養士のコメント

説明アイコン

パヴェとはフランス語で「石畳」という意味です。
道に敷き詰められた石畳を模したチョコレートをパヴェ・ドゥ・ショコラと呼びます。
口溶けのいいチョコレートをバレンタインのプレゼントなどにいかがですか?
 

材料アイコン 材料

約30個分

チョコレート
300g
A生クリーム(42%)
100ml
A牛乳
35ml
A水飴
25g
 
ココアパウダー
適量

このレシピのタグ

パヴェ・ドゥ・ショコラ

説明アイコン

パヴェとはフランス語で「石畳」という意味です。
道に敷き詰められた石畳を模したチョコレートをパヴェ・ドゥ・ショコラと呼びます。
口溶けのいいチョコレートをバレンタインのプレゼントなどにいかがですか?
 

材料アイコン 材料

約30個分

チョコレート
300g
A生クリーム(42%)
100ml
A牛乳
35ml
A水飴
25g
 
ココアパウダー
適量

作り方アイコン 作り方

  • 【下準備】  型やバットなどにオーブンペーパーを敷いておく。

  • チョコレートを刻み、湯煎などで溶かしておく(目安温度約40℃)。

  • Aを小鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止め、沸騰がおさまるまで少し冷ます。

  • (2)に(3)を加えて混ぜ合わせ、ホイッパーで約3分程かけてゆっくりと乳化させる(目安温度約35℃)。

  • 下準備した型に流し込み、常温で冷やし固める(できれば24時間置く)。

  • ココアパウダーを振ったボードの上にオーブンペーパーをはずして置き、温めた包丁で2.5cm角の正方形にカットする。上から更にココアパウダーを振る。

栄養アイコン 栄養価(1人分)

エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
塩分

管理栄養士のコメント

このレシピのタグ